香味野菜のカテゴリ記事一覧

家庭菜園 簡単野菜栽培で大収穫! 野菜の育て方から管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介します。おいしい野菜を栽培しましょう!



カテゴリ:香味野菜

香味野菜のカテゴリ記事一覧。家庭菜園 簡単野菜栽培で大収穫!野菜の育て方から管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介します。おいしい野菜を栽培しましょう!
ショウガのプランター栽培|芽出しをしてから植え付けます

2016-12-17 香味野菜
ショウガは、プランター栽培もできますショウガは高温・多湿・日光を好み、乾燥には弱い野菜です。水切れに注意すれば、プランターでも簡単に栽培できます。■ショウガの…

記事を読む

ショウガの育て方2|追肥と土寄せで根の太りを促進!

2016-12-13 香味野菜
ショウガ畑身体を温め、免疫力をアップしてくれるショウガは、今注目の野菜です。病気や害虫に強く、小さなスペースでも栽培できるので家庭菜園向け!収穫時期によって違…

記事を読む

ショウガの育て方|湿度温度管理と施肥がコツ

2016-12-11 香味野菜
若いショウガを味噌などで食べるのも家庭菜園ならでは!ショウガの収穫隣人が採れたてのショウガ(生姜、ginger)をくださって、爽やかで深みのある味に感動してしまい、…

記事を読む

ショウガのプランター栽培|芽出しをしてから植え付けます

Ginger1.jpg
ショウガは、プランター栽培もできます


ショウガは高温・多湿・日光を好み、乾燥には弱い野菜です。
水切れに注意すれば、プランターでも簡単に栽培できます。


■ショウガのプランター栽培のポイント

1.根腐れを起こさないように鉢底石は多めに入れます
2.”芽出し”をしてから植え付けます
3.水切れしないよう、土が半乾きのうちに水やりをします


ショウガには、大ショウガ、中ショウガ、小ショウガが
ありますが、プランター栽培には、中ショウガが向いています。

大ショウガは根茎が大きくなりますが、菜園でないと
栽培が難しいです。

小ショウガは根茎が小さいです。
葉ショウガを栽培するなら、小ショウガでもよいでしょう。


Ginger3.jpg
作っておくとお料理に便利です


■ショウガの栽培管理

・容器
深さ30cm以上ある鉢やプランターを用います。
水はけが悪いと、根腐れを起こしやすいので、
鉢底石は4〜5cmの高さまで入れます。

・用土
一般の、野菜用に培養土でよく育ちます。
肥料入りの培養土でない場合は、元肥として化成肥料を混ぜます。

・植え付け
タネショウガを購入して植え付けます。
そのまま植え付けると、芽が出るまで1ヶ月ほどかかるので、
「芽出し」をしてから植え付けます。

◎芽出しのしかた
タネショウガを暖かい場所(18℃以上〉の場所にしばらくおき、
芽を出させます。

発芽したら、芽が上になるように置き、5cmくらい土をかけます。
タネショウガが大きい場合には、1片あたり3〜4芽ずつつくように
手で割ってから植え付けます。

・追肥
2週間に1回、規定の倍率に希釈した液肥を、
水代わりに施します。

・水やり
ショウガは水を好むので、土の表面が半乾きになったら、
鉢底から水が流れ出るくらいまで水やりをします。

乾燥しやすい夏場は、わらなどを株のまわりに敷くとよいでしょう。


■病害虫

ショウガは病害虫には強いですが、立ち枯れ病にかかることがあります。

立ち枯れ病にかかると、地際の茎が変色し、やがて立ち枯れます。
立ち枯れ病の原因はカビの一種です。

発生した株は、病気が広がらないよう、抜き取って消却します。

予防としては、排水、通風をよくし、株間、株元が蒸れないようにします。
また、早期に発見し、除去することも大切です。


■収穫

植え付けから2ヶ月ほど経ち、新芽の根元がふくらんできたら、
葉ショウガを収穫できます。

タネショウガを収穫してしまわないように注意し、
株元を手で押さえて茎を横に倒し、若い根茎を折り取ります。

あまり多く収穫してしまうと根ショウガを収穫できなくなるので、
根ショウガを収穫したい場合はほどほどにしましょう。 



Ginger4.jpg
ショウガの赤梅酢漬け


11月頃、根ショウガを収穫できます。
葉が黄色くなり始めたら、それを目安に収穫します。
株ごと掘り上げて収穫しましょう。

植え付けたときのタネショウガも、「ひねショウガ」として、
薬味などに利用できます。

>>ショウガの苗、タネイモを各種見てみる
 カテゴリ
 タグ

ショウガの育て方2|追肥と土寄せで根の太りを促進!

GingerA.jpg
ショウガ畑


身体を温め、免疫力をアップしてくれるショウガは、
今注目の野菜です。
病気や害虫に強く、小さなスペースでも栽培できるので
家庭菜園向け!

収穫時期によって違った味を楽しめるのも魅力です。

   
■ショウガ栽培のポイント

1.芽出しをしてから植え付けます
2.芽が出るまでは水は与えず、芽が出たらこまめに水やりをします
3.追肥のたびに土寄せを行うことで、根の太りがよくなります 



◎ショウガの呼び名
ショウガは収穫時期やサイズによって呼び名が変わります。

ごく若どりにしたものが”ハジカミ”、
夏に収穫するのが”葉ショウガ”、
秋に収穫するのが”新ショウガ”、
新ショウガを翌年まで貯蔵した”ひねショウガ"などです。

一般的に”ショウガ"と呼んでいるのは、
新ショウガとひねショウガです。

ショウガは、市販のタネしょうがを購入して植え付けますが、
ショウガの種類は少なく、根茎の大きさから、
大ショウガ、中ショウガ、小ショウガに分けられます。

大きな根ショウガを収穫するなら大ショウガ、
葉ショウガも楽しむなら、中ショウガか小ショウガがお勧めです。


■品種

大ショウガには「インド」「おたふく」などの品種が、
中ショウガには「らくだ」「房州」などのひんしゅが、
小ショウガには「金時」「谷中」などの品種があります。

食用のショウガからも栽培できますが、
洗ってあったり、乾燥させてあったり、
芽が切られていたりするので、発芽させるのは難しいです。

種苗店や園芸店で、タネショウガとして売られているものを
利用したほうがよいでしょう。

img10474661211.jpg
【国産】金時しょうが 約500g入【たねいも用】〜3月下旬頃から出荷予定〜


■栽培管理

しょうがは日当たりを好みます。
草丈は1m程度にまで育ちます。

家庭で栽培するのなら、それほど量を栽培しなくてもよいので、
小さなスペースで楽しめるのも魅力です。
タネショウガ500gで、60×60cm程度のスペースが目安です。

・植え付け
植え付け適期は、暖地なら4月〜5月上旬、
中間地なら4月下旬〜5月中旬、
寒冷地なら5月下旬〜6月中旬です。

植え付けの1週間前に、よく土を耕し、1u当たり堆肥2kgを
散布し、よくすき込みます。

ショウガはやや酸性に強いので、石灰は必要に応じてまきます。
また、根茎に養分があるので、肥料は施さなくても大丈夫です。

タネショウガを植え付けても、芽が出るまでに約1ヶ月もかかるため、
植え付けの2〜3日前に日光に当てて”芽出し”をしてから
植え付けてあげると、植え付け後の成長が早く、
発芽不良の防止にもなります

植え付け時には、大きいタネショウガは手で分け、
1片に3〜4芽ずつつくようにします。

株間20cm、列間40cmで、深さ7〜8cmの植え穴を掘ります。
1穴に1片ずつタネショウガを置きます。
このとき、芽が多く出ているほうを上にして置くのがポイントです。

タネショウガを置いたら覆土をしますが、その後の水やりは
芽が出るまでは不要です。

ショウガは熱帯原産で寒さに弱いので、植え付け後に
マルチをかけて地温を上げてもよいでしょう。

地上部に芽が出たら、乾燥防止のため、わらなどを敷きます。
芽が出るまでは水やりはしませんが、ショウガは水を好むため、
芽が出たら乾燥させないようにこまめに水やりをします。

・追肥と土寄せ
植え付けから2ヶ月ほど経ち、葉が6〜8枚になったら、
1回目の追肥を施します。

規定の倍率に希釈した液肥を株元にかけます。
追肥と同時に、株元に厚さ5cmほど土寄せをすると、
根の太りがよくなります。

植え付けから4ヶ月ほど経ち、葉が16〜18枚になったら、
2回目の追肥を施します。
1回目と同様に液肥を与え、土寄せをします。


Ginger2.jpg
こんなに良いショウガが収穫できます


GingerB.jpg
ショウガの収穫風景


■収穫

植え付けから3ヶ月ほど経ち、葉が6〜8枚になったら、
葉ショウガを収穫できます。
株元を手で押さえて茎を横に倒し、若い根茎を折り取ります。

ただし、葉ショウガを収穫しすぎると、葉数が減って
光合成の働きが低下するため、根ショウガを収穫したい場合は、
少なくても半分以上の茎葉を残しておきましょう。

10月上旬から、根ショウガが収穫できます。
根ショウガは、株ごと掘り上げて収穫します。

使う分だけその都度抜くと、いつでも新鮮なショウガが楽しめます。
ただし、霜が降りる前にはすべて収穫を終えます。
また、葉が黄色くなったら、すべて掘り上げます。

◎保存方法
ショウガは湿気や低温で腐りやすいので、収穫したら
洗わずに風通しのよい場所でよく乾燥させ、新聞紙で包んで
常温で保存するとよいでしょう。


syouga amazu300.jpg
甘酢漬けにすると香りが際立ちます


■病害虫

病害虫はほとんど心配ありませんが、
根茎腐敗病になることがあります。

根茎や地際の茎、幼芽などが濡れたような褐色になり、
腐敗する病気です。

梅雨時に水はけの悪い畑で発生しやすいため、
予防には、畑に雨水がたまらないように排水溝を堀ります。
また、連作をしないことも重要です。

発生したら、薬剤で防除します。

>>ショウガの苗、タネイモを各種見てみる
 カテゴリ
 タグ

ショウガの育て方|湿度温度管理と施肥がコツ

Ginger (4).jpg
若いショウガを味噌などで食べるのも家庭菜園ならでは!


Ginger (3).jpg
ショウガの収穫


隣人が採れたてのショウガ(生姜、ginger)をくださって、
爽やかで深みのある味に感動してしまい、栽培しています。

ショウガは、日本でも古くから利用されてきたアジアの香辛料です。

多年草で、茎と地下茎を食用にします。
葉茎もツマに美しく美味しいです。


Ginger (1).jpg
ショウガ畑

   
■ショウガ 栽培のコツ

1.乾燥させないように管理します
2.高温を好むため、マルチングをします
3.多肥を好むため、追肥が重要です


おなじみの、根茎を食べる香味野菜、ハーブです。

新しい地下茎が肥大し始めた頃のものを葉ショウガといい、
根茎を生食にします。

ショウガの香りと辛みは、ジンゲロールや
ジンジャーオールという成分によるもので、
食欲をそそる働き以外にも、強い抗菌作用や
抗酸化作用があります。

そのほかにも、ショウガには体を温める働きがあり、
冷え性の女性などに注目されています。


■品種

ショウガは塊茎の大きさから、小ショウガ、中ショウガ、
大ショウガに大別されます。

小ショウガは早生で出芽数が多く、辛味が強く、
大ショウガは晩生で出芽数が少なく、辛味は弱いです。
中ショウガは大ショウガと小ショウガの中間の特徴を持っています。

家庭で育てるには、小ショウガが生育期間も短くておすすめです。

小ショウガには、「谷中(やなか)」「金時(きんとき)」など、
大ショウガには「印度(いんど)」近江(おうみ)」などの品種があります。


Ginger (5).jpg
ショウガ、プランターやとろ箱でも育てられます


■ショウガの栽培

風の当たらない暖かい場所で、やや湿り気のある
肥沃な土を好みます。

高温を好み、乾燥や寒さには弱いです。
暖かい地方が原産地なので、生育適温は25〜28℃と高めです。

・植え付け
遅霜の心配がなくなる4月下旬〜5月中旬、
栽培用のタネショウガを準備し、大きいものは
芽が2〜3個になるように切り分けてから植え付けます。

植えつけ2週間前に、1u当たり苦土石灰150gと堆肥3kgを入れて耕し、
1週間前に1u当たり化成肥料150gを入れて、畝を作ります。

株間20cm程度、深さ10cm程度で植え付け、土をかぶせたら軽く押さえ、
平らにし、たっぷりと水やりをします。

芽が出るまでに1ヶ月くらいかかります。

ショウガは生育適温が高いため、マルチングをするとよいでしょう。

・追肥と土寄せ
6月〜10月、1ヶ月に1〜2回ほど追肥をします。

1株あたり軽く1握り(約10g)の発酵油かすなどを、
株の周囲に施し、土と良く混ぜて、
株元に土を寄せます。

・水やり
乾燥を嫌うので、特に梅雨明け後は、
土が乾いていたらたっぷり水やりをします。

敷きわらをしいて、土の乾燥を防ぐのも良いですね。


Ginger (7).jpg
収穫〜、美しいショウガです!


Ginger (6).jpg
ショウガを甘酢につけると、また違ったおいしさです


■収穫

7月下旬〜8月中旬に葉ショウガを、
10月下旬〜11月上旬に根ショウガを収穫します。

葉ショウガは、葉が7〜8枚になり、
根茎が肥大し始めた頃、
株ごと引き抜いて収穫します。

根ショウガは、茎葉が黄色くなってきた頃、
スコップで株ごと掘り起こすようにして収穫します。

収穫したショウガは寒さに弱く、
13℃以下になると腐敗が始まるので、
新聞紙などに包んで、13〜15℃を保てる
冷暗所で乾燥させないように保存します。


■病害虫

根茎腐敗病にかかることがあるので注意します。

害虫は、生育初期に芽や葉を虫にかじられたり
することがありますが、それ以外は特に心配ありません。

>>ショウガの苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ



管理人=片岡静

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

  • SEOブログパーツ

seo great banner

  • SEOツール

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
FC2 Blog Ranking
ブログランキング
@With 人気Webランキング 旅行・地域ランキング
PVランキング
0574 Web Site Ranking