葉茎菜類のカテゴリ記事一覧

家庭菜園 簡単野菜栽培で大収穫! 野菜の育て方から管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介します。おいしい野菜を栽培しましょう!



カテゴリ:葉茎菜類

葉茎菜類のカテゴリ記事一覧。家庭菜園 簡単野菜栽培で大収穫!野菜の育て方から管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介します。おいしい野菜を栽培しましょう!
サツマイモ 苗の作り方

2016-12-29 葉茎菜類
サツマイモの収穫 C)すてねこ最近はスーパーに売られているサツマイモの種類も増え、ムラサキイモをはじめ、濃紫色やオレンジ色などの品種も見かけます。しかし、そうし…

記事を読む

アスパラガスの育て方|苗から育てて翌年から収穫

2016-12-10 葉茎菜類
アスパラガスの収穫です! 甘くて絶品!アスパラガスはタネをまいて収穫するまでの期間が長く、通常2〜3年かかりますが、苗を購入して植え付ければ家庭菜園でもすぐに…

記事を読む

ニラが細い理由は?

2016-11-28 葉茎菜類
まだ若いニラ江戸時代は薬草として知られていたニラ。ビタミンやカルシウムを豊富に含み、免疫力を高める働きのあるニラは、薬草として栽培されていました。現在は野菜の…

記事を読む

サツマイモ 苗の作り方

satuma.jpg
サツマイモの収穫 C)すてねこ


最近はスーパーに売られているサツマイモの種類も増え、
ムラサキイモをはじめ、濃紫色やオレンジ色などの品種も
見かけます。

しかし、そうした珍しい品種の苗の入手は困難なのが現状ですが、
サツマイモの苗は比較的簡単にできますので、
自分で育苗して栽培してもよいでしょう。



satuma1.jpg
空中花壇-ハンギングの店 元気彩園のサツマイモの苗、5月発売です


■サツマイモ 苗の作り方

サツマイモの苗は、サツマイモをコンテナに植え付け、
出てきたつるをさし苗として利用するのですが、
イモが黒斑病に感染していると、
感染した部分が土中で腐ってしまいます。

黒斑病予防のポイントとしては、
まず、腐敗や黒ずみのない健全なイモを選び、
植え付け前に殺菌消毒をします。


殺菌消毒の方法には、イモを47℃のお湯に30分間浸す方法と、
殺菌剤にイモを浸す方法があります。

お湯に浸すときは、温度計でお湯の温度をチェックして、
お湯を足すなどして、お湯の温度を一定に保つことが必要です。

殺菌したイモは、プランターに鉢底石を敷いて半分まで
培養土を入れ、イモを隙間なく並べ、イモが見えなくなる程度に
土をかけて水やりをします。
時期は、4月上旬ごろがよいでしょう。

◎発芽と育苗
サツマイモの発芽適温は25〜30℃なので、
最低15℃以上、日中は25℃程度になる場所に置き、
土の表面が乾いたらたっぷり水やりをします。
低温期は透明なビニール袋をかぶせるなどして保温しましょう。

50〜60日で、30cmほどに生長した苗がとれるので、
切り取って植え付けます。

苗を取ったあとのタネイモからはまた芽が伸びてくるので、
6月中旬頃まで苗とりが可能です。



satuma2.jpg
同じく元気彩園さんの苗


■タネイモをそのまま植え付けてはダメですか?

サツマイモは上記の通り、さし苗を育ててから
植え付けるのが普通です。

◎ジャガイモのようにタネイモを植え付けない理由
・一つは、さし苗を育てると、1つのサツマイモから
数十本の苗が取れるので、育苗した方が経済的なためです。

・二つ目は、ジャガイモのようにタネイモを切って植え付けると、
土中で腐ってしまいます。

・三つ目は、サツマイモは高温性の野菜で、
発芽には25℃以上必要なのですが、
霜の心配がなくなってからタネイモを植え付けると、
大きくなるまでに時間がかかり、イモの肥大にも影響が出ます。

そのため、事前に育苗した方が、適温になったときに
苗の状態で植え付けられるので、生育が早くなり、
イモも十分に肥大します。

このような理由から、サツマイモはタネイモではなく、
さし苗を作ってから植え付けます。


【送料無料】掘り出すよろこび!ジャガイモ サトイモ サツマイモ [ 日本放送出版協会 ]

■参考
・サツマイモの育て方|中耕・土寄せで大収穫!
・サツマイモのプランター栽培|深型で元肥をがっちり大きい芋に
・サツマイモ 肥料が必要でしょうか?
・サツマイモ 苗の植え付け方のコツ
・サツマイモの病気は?
 カテゴリ
 タグ

アスパラガスの育て方|苗から育てて翌年から収穫

asparagus (13).jpg
アスパラガスの収穫です! 甘くて絶品!


アスパラガスはタネをまいて収穫するまでの期間が長く、
通常2〜3年かかりますが、苗を購入して植え付ければ
家庭菜園でもすぐに収穫できます。

また、ホワイトアスパラガスは軟白栽培するため
家庭菜園では難しそうに思えますが、
意外と簡単にできますので、挑戦してみては
いかがでしょうか。


asparagus (5).jpg

asparagus (12).jpg
アスパラガス、プロの畑です


■アスパラガス栽培のコツ

1.畑は深く耕し苦土石灰をまいて中和させます
2.タネからだと年数がかかるので苗から育てます
3.地上部をじゅうぶんに育て根を充実させます


asparagus (10).jpg
苗を求めて栽培すると早く収穫できます


■アスパラガスの栽培

アスパラガスは、高さ1〜1.5m、葉張り1m弱の大きさになるので、
それくらいの広さがとれる場所を確保する必要があります。

根を深く張るので、プランター栽培にはあまり向きません。

・土作りと植え付け
アスパラガスはタネから育てることもできますが、
苗にするまでに手間がかかることや、
収穫できるようになるまで2〜3年かかることから、
家庭菜園では苗を購入して植え付けた方がよいでしょう。

充実した株であれば、翌春から収穫が可能です。

苗の植え付けは、5月中旬の春植えか、
11月中旬〜12月上旬の秋植えにします。


春植えのほうが活着がよいといわれています。

植え付けの2週間前までに、1uあたり
苦土石灰2握りを入れてよく耕しておきます。

長い期間をかけて深く根を張る植物ですので、
畑の深くまで耕し、肥料を施す必要があります。

50cm間隔で植え穴を掘り、元肥として堆肥バケツ半分、
鶏ふんと油粕、化成肥料を各1握りずつ施してよく混ぜ、
10cmくらい土を埋め戻します。

1ヶ所あたり2〜3株ずつ、根をよく広げて、
根株が隠れるくらいの深植えにして植え付けます。 


植え付けたら、乾燥防止のために敷きわらをします。

・追肥
3月中旬と5月下旬の2回、追肥を施して、軽く中耕します。

・水やり
地植えの場合、基本的に必要ありませんが、
夏、乾燥が続くようなら水やりをしてあげましょう。

・冬越し
冬になると地上部は枯れますが、根株は残ります。

地上部がすっかり枯れたら、病害の発生を防ぐため、
茎は刈り取って処分します。


asparagus (4).jpg
全部収穫せずに数本は残しておきます


■収穫

タネからはじめた場合は3年目、苗からはじめた場合は、
翌年の春、新芽が15〜20cmになったら、
地際から切り取り収穫します。

苗を植え付けた場合でも、茎が細いようでしたら
その年の収穫は見送り、株の充実をはかりましょう。

また、収穫する場合も、芽をすべて採りつくしてしまうと、
翌年のための株が残らなくなってしまいます。

3週間ほど収穫を楽しんだら、数本は残して生長させると、
8年ほど毎年収穫が楽しめます。


■病害虫

過湿になると、斑点病などが発生します。
雨よけや薬剤散布などで予防しましょう。


asparagus (3).jpg
シュールなアスパラ!


◆アスパラガスの種類とホワイトアスパラガスの作り方

一般的なアスパラガスはグリーンアスパラガスで、
それを軟白栽培するとホワイトアスパラガスになります。

グリーンとホワイトの差は栽培方法で、
品種の違いではないのがポイントです。

アントシアニン色素の多い紫色の品種もありますが、
アントシアニン色素は熱に弱いため、
加熱すると壊れて紫色が失われ、
グリーンアスパラガス同様の外見になります。

◎ホワイトアスパラガスの作り方

ホワイトアスパラガスを栽培するには、
新芽に光が当たらないように、やわらかい土を
25〜30cmほど盛り土して育て、
芽が地上に出ないうちに根元から切り取って収穫します。


asparagus (11).jpg
アスパラガスの花


asparagus (2).jpg
アスパラガスの実


◆アスパラガスの雄株と雌株

アスパラガスは雌雄異株で、雄花が咲く雄株と、
雌花が咲く雌株があります。

雄株の方が勢いが強く、収穫量も多い上、
穂先がよく締まったよいものが収穫できますが、
花が咲くまでは外見では見分けられません。

花の違いも、株をぱっと見ただけでは分からず、
小さな花をよく観察してみて、花の中に、
緑色の子房(実になる部分)がある方が雌花です。

ちなみに、受粉すれば秋には赤い小さな実をつけ、
タネも取れます。

しかし、アスパラガスをタネから育てるのは、
手間も時間もかかりたいへんですので、
長期の楽しみとして取り組みましょう。

>>アスパラガスの苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ

ニラが細い理由は?

nira (2).jpg
まだ若いニラ


江戸時代は薬草として知られていたニラ。
ビタミンやカルシウムを豊富に含み、
免疫力を高める働きのあるニラは、
薬草として栽培されていました。

現在は野菜の仲間として親しまれています。

野菜の仲間となったのは戦後だとか。
お味噌汁の具にしたり、ニラ玉、
そして餃子の具にはかかせない食材です。


nira (1).jpg
花もかわいいですね


■ニラが細い理由は?

ニラは宿根性の作物ですので、一度植えると数年は収穫ができます。
暑さや寒さにも強く、土壌にもうるさくありませんし、
虫も比較的少ないですので家庭菜園でも作りやすい野菜です。

しかし、栽培し始めて数年経ってくると、
葉が細いものが多くなってきます。

もちろん、食べるのには何の問題もありませんが、
ちょっとお料理が貧弱に見えてしまいます。

葉が細くなる原因は以下のことが考えられます。

1.根や株が混み合っている
定植してからの年数が経ってくると株は大きくなりますが、
葉が茂り、混みすぎると葉幅がせまく、
葉の厚さが薄くなってきます。

同様に根が混み合っていると細い葉ができることもあります。
通常1cm幅のものが6mm以下になってきたら、
株が衰えてきていると考えましょう。

2.株分けしていない
根や株が込み合い葉が細くなってきたら、
リフレッシュのために株分けをするといいでしょう。

株分けの適期は3〜4月、もしくは秋頃です。
・できるだけ根を切らないように株のまわりを大きく掘り下げる
・土を落として根をほぐします。絡み合った根を解きほぐしておく
・元気のよい株3~4本ずつに分割する
・掘り下げた茎を4?5cmに切りそろえる
・新しい畑に植えつける

新しい畑には元肥として十分な堆肥と肥料を施しておきましょう。
半年ほど経つと収穫ができるようになります。


umaigyoza-43bc1.jpg
新鮮なニラで餃子


niraryori (1).jpg
ニラレバたまご炒め!


3.肥料不足
良質なニラを長く収穫するためには、
新芽が伸びてくるころに追肥をして勢いをつけてあげます。
収穫は草丈が25cm程度になったときに地上6〜7cmあたりで刈り取ります。

収穫をしたら、必ず追肥を施しましょう。
その後2週間後には次の葉が伸びてきて再び収穫ができます。

このペースで年に5〜6回の収穫ができます。

冬は地上部は枯れてしまいますが、
早春にはまた新芽が出てきます。
 カテゴリ
 タグ



管理人=片岡静

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

  • SEOブログパーツ

seo great banner

  • SEOツール

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
FC2 Blog Ranking
ブログランキング
@With 人気Webランキング 旅行・地域ランキング
PVランキング
0574 Web Site Ranking