tingensai-20091.jpg
作りやすく美味な野菜です


チンゲンサイ、そしてパクチョイも、
アブラナ科のタイサイ(体菜)と同じ仲間の中国野菜で、
葉から軸まで緑色のものをチンゲンサイ、
軸が白いものをパクチョイと呼びます。

   
■チンゲンサイ栽培のポイント

1.春まきはとう立ちに注意します
2.株間をあけて栽培します
3.トンネルで害虫を予防します 


青帝、敦煌、長陽などの品種が作りやすく、お勧めです。
ミニチンゲンサイのシャオパオも、栽培期間が短く栽培しやすいです。


■チンゲンサイの栽培管理

生育適温は20℃前後と冷涼な気候を好み、
もともとは秋が旬の野菜ですが、
暑さに強いため、厳寒期を除けば1年中栽培できます。

また、土質をあまり選ばず、病気にも強いので、
初心者が挑戦するのに最適な葉物野菜です。

ただし、春まきはとうが立ちやすいので注意します。

・タネまき
4月中旬〜9月上旬までタネをまけます。

1uあたり堆肥2kgをすき込み、よく耕したら、
幅60cm、高さ5〜10cmの畝を立てます。

条間20cm、深さ1cm程度のまき溝を掘り、1cm間隔でタネをまきます。
タネの上から、堆肥か腐葉土をまき、軽く手で押さえて落ち着かせ、
たっぷりと水やりをします。
発芽までは乾かさないように管理します。

初夏〜秋にかけては、害虫がつくのを防ぐため、
トンネルがけをすると良いでしょう。


tingensai (3).jpg
間引いて、株間20cmくらいにすると立派に育ちます


・間引き
双葉が出たら、株間3〜4cmになるよう間引きます。
さらに本葉3〜4枚の頃、株間5〜6cmになるよう間引きます。

間引き菜もおいしく食べることができます。
その後も、随時収穫を兼ねて間引き、最終的に株間20cmにします。
腰が張る株姿のため、株間をしっかりあけることがポイントです。

・追肥と中耕
草丈10cmの頃、ぼかし肥か鶏ふんを条間にまいて中耕します。
その2週間後、同様に追肥を施します。


■収穫

6月下旬〜12月中旬まで収穫できます。

春まきはタネまきから約50日、夏まきは約40日、
草丈20cm以上になったら、株元から切って収穫します。


■病害虫

アオムシやコナガ、ヨトウムシなどがつきやすいです。
見つけ次第取り除きます。

トンネルで予防すると効果的です。

コンパニオンプランツとしてシュンギクと混植すると、
上記の害虫を忌避する効果が期待できます。
その場合、チンゲンサイとシュンギクを1条おきにまきます。

春まきの場合は、シュンギクを先にまき、
最初の間引きが終わったらチンゲンサイのタネをまきます。
秋まきの場合は、同時にまいても大丈夫です。

>>春まき野菜のタネを各種見てみる
 カテゴリ
 タグ