kabotya (1).jpg
カボチャ、育てていると愛着が湧いてきます


カボチャは、ホクホクとした粉質で甘みの強い西洋系カボチャと、
煮物や揚げ物などに向く粘質の日本カボチャに大別されます。
好みに応じて栽培しましょう。

カボチャのわかりやすい育て方をご紹介します。
   

■カボチャ栽培のポイント

1.立体栽培にするとスペースをとりません
2.定植時、ポットを水か液肥に浸けて吸水させます
3.コンパニオンプランツのネギと混植するとよいでしょう


◎品種
西洋カボチャ系で、果肉がほくほくした粉質で甘く、
どんな料理にも向く東京カボチャや、
西洋カボチャ系で、オレンジがかった赤い皮をしていて
甘みが強い打木赤皮甘栗カボチャ、
日本カボチャでねっとりとした果肉をしていて
煮崩れしにくい日向14号などがおすすめの品種です。


kabotya (3).jpg
花も大きく美しいです


■カボチャの栽培管理

一般的な栽培法である地這いの放任栽培でもよいですが、
丈夫な支柱を立てて立体栽培にすると場所をとらないので、
スペースに限りのある家庭菜園ではお勧めです。

・タネまきと育苗
3月下旬〜4月上旬頃、ポットにタネをまいて育苗します。

カボチャのタネは、タネまきの前日に、
一晩水に浸けておくと発芽しやすくなります。

ポットに腐葉土を入れ、1,2粒ずつ指で1cm深さに押し込みます。
軽く土をかけたら、たっぷりと水やりをします。

ポットは夜でも15度以下にならないような暖かい場所において、
本葉4〜5枚になるまで育苗します。

・植え付け
4月下旬〜5月上旬、本葉4〜5枚の頃に植え付けます。

あらかじめ、1u当たり約3kgの堆肥をまぜ、
高さ15〜20cmの畝を立てておきます。

植え付け時には、あらかじめポットを水か液肥に浸けて、
吸水させておくと発芽率が良くなります。

カボチャは大きく育つため、株間は60cm以上とって植え付けます。
植え付けたら、株のまわりを軽く押さえて鎮圧します。

防寒のため、穴あきの小トンネルを、
5月中旬頃までかけておくと安心です。


kabotya (4).jpg
雌花のつぼみができると嬉しい♪


・支柱立てと整枝
スペースに限りのある家庭菜園では、
立体栽培やあんどん仕立てがおすすめです。

葉が茂ってきたら、支柱を立てます。
トンネルをかけていた場合ははずします。
支柱を立てる前に、畝間を耕して雑草を押さえておくと、
後の雑草取りが楽になります。

丈夫なトンネル型の支柱を立て、ネットをかけます。
株を傷めないよう、8の字にひもをかけて誘引します。

5,6節までに出てくるわき芽はかき取って、
風通しを良くします。

子づる、孫づるが伸びてきたら、それぞれネットに誘引します。

・追肥
生長が遅い場合は、追肥を施します。
鶏糞かぼかし肥を株間にひとつかみずつまきます。


kabotya.JPG
小型のカボチャならあんどん仕立てでできます


■収穫

7月〜8月、開花から45〜50日で収穫できます。

首の部分がかたくなってコルク化し、縦に白い線が
入ったら、収穫適期ですので、ハサミで切って収穫します。

カボチャは、収穫後すぐに食べるより、
丸のまま風通しのよい場所において、
1〜2ヶ月追熟させたほうが甘みが増しておいしくなります。


■病害虫

うどんこ病やアブラムシは、マルチを敷いたり、
わき芽をかいて風通しよく栽培することで予防します。

カボチャはウリハムシが発生しやすいのですが、
株が小さいうちはトンネルをかけて防ぎます。
見つけ次第捕殺しますが、早朝や夕方に見つけやすいです。

カボチャのコンパニオンプランつとして、
ネギを混植してもよいでしょう。

カボチャの苗を定植するとき、ネギも一緒に定植します。
ネギ2本の根を広げ、その上に植え付けるようにします。

ネギの根面に共生する抗生物質が、
カボチャの土壌病原菌を予防する効果が期待できます。

>>カボチャの苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ