2yasai2.JPG
キャベツは発生しやすいです


■べと病の発生しやすい植物

・発生しやすい野菜
キュウリ、カボチャ、メロン、カブ、キャベツなどです。

・発生しやすい草花
アスター、クリスマスローズ、ハボタンなどです。

・発生しやすい果樹
ブドウなどです。


■べと病の症状

べと病はカビによる病気です。
梅雨時期や秋の長雨の時期に多く発生します。


ウリ科のキュウリ、アブラナ科のハクサイ、キャベツ、
ホウレンソウなどに発生し、それぞれ病原菌が違います。

ウリ科は葉の表の葉脈に囲まれた部分に、
角形の黄色い斑点が発生し、葉裏に灰黒色のカビが生えます。

アブラナ科は葉の表にぼんやりとした円形の黄緑色の斑点ができ、
葉の裏には白いカビが霜のように生えます。

ホウレンソウは葉の表に淡い黄色や淡い紅色の小さな斑点ができ
次第に大きくなって円形の斑点が作られます。
葉裏には灰色のカビが生えます。

症状がひどくなると葉がよじれたり、色が変わっていきます。
そして枯れてしまうと株全体に被害が広がっていきます。


beto2.jpg
ブドウも写真のようになります


■べと病の対策

ウリ科では病斑の裏側から発生したカビから胞子が飛び、
そこから鞭毛の生えた胞子が出て、水滴の中を泳いで植物に付着します。

付着した胞子が発芽して気孔から体内へ侵入し、
組織内に菌糸を伸ばして病斑を作っていきます。

アブラナ科やホウレンソウでは水滴中で胞子が発芽し、
気孔から直接侵入します。タネから伝染することもあります。

対策としては、水分が多いところで発生しやすい病気なので、
水はけをよくし、適正な株間で植えつけを行い、
日当たりと風通しのよい環境で栽培します。 


雨で泥ハネがかかりやすい下葉は切った方が病気にかかりにくくなります。

雨が長く続く時は雨よけを行います。
病斑をみつけたら、気孔が集まる葉裏に薬をまきます。

耐性がつかないよう、数種類の薬剤を交互にまくと効果があがります。
抵抗性がある品種を選び、栽培するのも一つの方法です。

病気にかかった葉や茎を根元に置いておくと、ますます増殖してしまいます。
処分の方法で一番いいのは焼却です。無理な場合は穴を掘って埋めます。

>>べと病の薬剤を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ