sweetpotato (3).jpg
プランターでも、深型を使えばかなりおいしいサツマイモが


サツマイモといえば、畑を覆い尽くすくらい
つるがどんどん伸びるので、プランター栽培なんてムリ!
と思うかもしれません。

いくつかの栽培ポイントを押さえれば、
サツマイモは、プランターでも栽培できます。 


そもそもサツマイモの原産地は中南米の砂漠地帯で、
水や肥料が少ない環境でも育つので、
乾燥しやすく、肥料が流失しやすいプランター栽培に
向いている野菜ともいえます。


■サツマイモのプランター栽培のポイント

1.深型のプランターに植え付けます
2.元肥はしっかり与えます
3.「つる返し」でコンパクトに育てます 


赤紫色の皮に、中身は薄黄色というのが一般的な
サツマイモのイメージですが、内部が紫色のムラサキイモや、
皮が白く、中身も白い白皮白イモ、
皮が白く、中身はオレンジ色の白皮オレンジイモ、
皮は紫色で、中身がオレンジ色の紫皮オレンジイモなど、
様々な種類があります。

珍しい種類のサツマイモを食べることができるのも、
家庭菜園の醍醐味です。



■サツマイモの栽培管理

・容器
深さ30cm以上の深型プランターを用います。
深さ30cm、容量20L程度の大型プランターなら、
3株育てられます。

・用土
市販の野菜用培養土のほか、庭土や古土でも構いません。
ただし、土だけでは栽培の途中で肥料切れになってしまうため、
堆肥を混ぜます。

サツマイモを露地栽培する場合には、窒素肥料を与えすぎると
つるボケになってしまいます。

しかし、サツマイモのプランター栽培では、
土の量が限られているため、元肥はしっかりと与えます。 


肥料が含まれている培養土の場合、培養土2に対し、
堆肥1の割合で混ぜます。

肥料が含まれていない培養土や、庭土、古土の場合は、
土と堆肥を1対1の割合で混ぜます。

さらに、赤玉土を敷くと、発根が促されます。
堆肥を混ぜ込んだ植え付け用土を、プランターの7分目まで入れたら、
赤玉土(小)を4〜5cmの厚さに敷き詰めて苗を植え、
さらに赤玉土で覆土します。


sweetpotato (2).jpg
さし苗をじょうずに育てるのがコツです


・植え付け
サツマイモの苗は、「さし苗」と呼ばれ、切ったつるを
植え付けます。

園芸店などで、長さ30p程度の物が数本ずつ束になって
販売されています。

植え付け前に、あらかじめ日陰で1〜2日乾燥させてから植え付けると、
植え付け後の吸水力が高まって発根がよくなり、

夏の強い日差しに耐えられる強い苗になります。

少しクタッとなった状態が最適です。 
買ったときにすでにこの状態だったら、
そのまますぐに植え付けましょう。
乾燥させすぎるとボロボロになってしまいます。

プランターの7分目まで用土を入れ、その上に赤玉土(小)を
4〜5p厚で敷きます。

赤玉土の上にさし苗を株間15〜20pで斜めに置き、
赤玉土(小)を3〜4pの厚さになるよう、葉の付け根のところまで入れます。 


サツマイモは節ごとに根が出てイモになるため、
できるだけ多くの節を埋めましょう。

◎赤玉土を敷く理由
用土の上に赤玉土を敷くのは、根のないさし苗の場合、
発根を促すためです。
土の中に肥料分や有機物があると、浸透圧によって
植物の内部にある水分が流出してしまい、
水分をうまく吸収できないためです。

植え付けたらたっぷりと水やりをしましょう。


sweetpotato (1).jpg
花のつぼみ


sweetpotato (8).jpg
愛らしい花です


・追肥
植え付けから2ヶ月ほどたち、イモができ始める時期になったら
化成肥料20gを施します。

その20日後にも、もう1回、同様に追肥を施します。

・つる返し
サツマイモのつるはどんどん伸びます。
ベランダなど、周囲に土がない場所では放置していてもかまいませんが、
土がある場合、つるが土と接触した場所から根を張ることがあります。

そうならないよう、
つるの先端をプランターの上に戻す「つる返し」を行います。
つるの先端をつかんで、プランターの上に戻し、積み上げます。


支柱を立てて、つるを支柱にまきつけ、ひもで固定したり、
ベランダのフェンスなどに誘引してもよいでしょう。

つる返しは、周囲に土がない環境でも、
つるが邪魔な場合などに行ってもかまいません。


■病害虫

サツマイモは、病害虫の被害が出にくいですが、
苗立ち枯れ病にかかることがあります。

苗立ち枯れ病にかかると、根が黒く腐って、イモができません。
植え付け後30日以上たっても大きくならなかったら、
苗を抜いて根を確認してみます。

苗立ち枯れ病にかかったら、被害株は周りの土とともに
処分します。


sweetpotatoAbig (3).jpg
収穫です!


■収穫

植え付けから4〜6ヵ月後、茎葉が黄色く枯れてきたら収穫できます。
心配な場合は、少し掘ってみて確認するとよいでしょう。 


茎葉を株元からハサミで切り取ってから収穫すると、収穫しやすいです。
株元を持って引き抜き、掘り残しがないよう、土の中をしっかり探ります。

収穫したイモは、4〜5日間陰干しすると、甘みが増します。


sweetpotatoA (4).jpg
サラダにしても、すご〜く美味!

【家庭菜園用 専用肥料】S&H いもの肥料(粒状2kg)(N‐P‐K)6-8-12有機緩効性肥料ジャガイモ さつまいも さといも えび芋 山芋などの肥料に

■参考
・サツマイモの育て方|中耕・土寄せで大収穫!
・サツマイモ 苗の作り方
・サツマイモ 肥料が必要でしょうか?
・サツマイモ 苗の植え付け方のコツ
・サツマイモの病気は?
 カテゴリ
 タグ