syokutokiku (3).jpg
庄内の食用キク


食用ギク(食用菊)は奈良時代に日本に伝来した、
いわば日本のエディブルフラワーです。

古代中国では延命長寿の花として、菊茶・菊花酒、
漢方薬として飲まれていましたが、
日本では、江戸時代頃より、一般庶民の間で
食用として広まりました。

家庭菜園で育てると、新鮮で無農薬にできるのが魅力です。
育て方をご紹介しましょう。



syokutokiku (4).jpg
季節をつないで出荷される黄色と紫のキクです

   
■食用ギク栽培のコツ

1.摘芯するとわき芽が出て、たくさん収穫できます
2.フラワーネットを張って、倒伏を防ぎます
3.農薬を使用するときは、収穫の2週間前までにします

ビタミンやミネラルが比較的多く、特に抗酸化作用の
高い栄養素を多く含み、発ガン効果の抑制、
コレステロールの低下、中性脂肪を低下させる効果が
あるとされています。


syokutokiku (5).jpg
もってのほか、綺麗です


■品種

本来観賞用のキクも食べられるのですが、
農薬が心配なので、観賞用のキクは食べないほうが良いでしょう。

食用ギクは、観賞用に比べて苦味が少なく、甘みがあります。

食用ギクは主に延命楽と阿房宮(あぼうきゅう)の2品種が
ポピュラーです。

延命楽は、新潟県では「かきのもと」、山形県では「もってのほか」と
呼ばれ、明るい赤紫色の中輪種です。

阿房宮(あぼうきゅう)は、黄色の小輪種です。
花びらをゆでて食べるほか、刺身などの料理のつまや飾りなどに
使われているのは、この阿房宮(あぼうきゅう)です。


■食用ギクの栽培管理

キクは多年草のため、古株から自分で苗を作ることもできますが、
連作障害防止のため、越冬時と挿し床を新土にする必要があったり、
手間もかかることから、苗を購入して植え付ける方が良いでしょう。

・植え付け
植え付け適期は4月中旬〜5月です。
市販の苗を購入して植え付けると良いでしょう。

植え付けの2週間前までに、1uあたり苦土石灰100〜150gを
まいて、よく耕しておきます。

植え付け1週間前になったら、1uあたり堆肥2kg、
化成肥料100gを施して、幅60cm、高さ10cmの畝を立てます。

株間30cmで植え付けたら、たっぷりと水やりをします。

乾燥防止に敷きわらを敷いても良いでしょう。

・追肥と土寄せ
植え付けから1ヵ月後、株間に1uあたり化成肥料30gを追肥し、
株元に軽く土寄せをします。

このとき、同時に摘芯をし、わき芽の発生を促します。

・ネット張り
食用ギクは風などで倒れやすいので、植え付けから40〜50日ほどたち、
草丈が30〜40cm程度になったら、ネット張りを行うと良いでしょう。

10〜15cm角の目のネットを用意し、四隅に立てた支柱に渡した
ヒモに固定し、株の先端をネットの目から出します。

生長に合わせてヒモを上へずらしていきます。

本数が少ない場合は、支柱でもよいでしょう。


syokutokiku (1).jpg
友人が作ってくれた酢の物、美味しい♪


■収穫

紫色のキクは、9月下旬〜11月が収穫適期です。
黄色のキクは、夏から10月上旬に収穫します。
完全に花が展開したものから、順に摘み取ります。

ガクから花びらを摘み、湯1Lに対し酢大さじ1を入れたお湯で、
さっとゆで、冷水に取り、水気を絞ります。
酢を加えると、苦味が和らぎ、色が鮮やかに冴えます。

天ぷら、おひたしや和え物、二杯酢や三杯酢でいただくのが美味しいです。

syokutokiku (2).jpg
フレッシュ 国産(山形産) 食用菊(食用花) お浸しにサラダに♪



■病害虫

アブラムシがつきやすいので注意します。
アブラムシは、蕾の時期につきやすいですが、
蕾がついてから約1ヵ月後に収穫し、
食用とするため、農薬はなるべく使用しないようにします。

薬剤を使用する場合は、オレート液剤を使います。

>>食用菊の苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ