syungiku (2).jpg
シュンギク、収穫のしかたで長く楽しめます


シュンギクは、秋から冬にかけてが旬で、香りが豊かで
味も良い野菜です。 


加熱して食べるのが一般的でしたが、最近では、
サラダなどの生食に向く品種も開発されています。

シュンギクは、品種によって収穫方法が違います。
シュンギクの上手な収穫方法をご紹介しましょう。



crown daisy (1).jpg
小さなプランターや鉢でも栽培できます


■シュンギク 収穫のコツは?

シュンギクには、抜き取り収穫と摘み取り収穫の
2タイプの収穫方法があります。

以前は、関東では摘み取り収穫が、関西では抜き取り収穫が
主流でしたが、今ではその違いもなくなり、
シュンギクのタイプによって収穫方法をつかいわけています。

シュンギクは、葉の大きさで大葉種、中葉種、小葉種に
分けられていますが、最も一般的なのは中葉種です。

◎中葉種の収穫方法
中葉種は、株ごと引き抜く抜き取り収穫でもいいですが、
摘み取り収穫にすると、長く収穫を楽しめます。

草丈30cmくらいになったら中心の(主枝)を手で折り取って収穫し、
その後伸びてきたわき芽を順次収穫します。

収穫後は化成肥料を1uあたり約30g与えて土寄せし、
株の再生をはかることにより、長期間の収穫を
楽しむことができます。

一方大葉種は、わき芽の伸長がよくないため、
抜き取り収穫をするのが一般的です。

また、中葉種でも、ミズナのように株元から盛んに
分枝する品種は、抜き取り収穫をします。


crown daisy (4).jpg
採り遅れたシュンギクの花は、驚くほどきれいでした


■葉の色が茶色になる理由?

摘み取り収穫をしていると、11月下旬ごろ、葉の縁が
茶色になって、枯れてきます。

シュンギクの生育適温は15〜20℃なので、11月下旬の
霜が降りるような気温では、生育できませんが、
ビニールトンネルで覆えば、年明けまで収穫を続けることができます。

tensoba.jpg
天ぷらそばにおいしいです


crown daisy.jpg
おひたし、ゴマ和えも美味♪


>>秋まき野菜を各種見てみる

[家庭菜園] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ