cabbage (4).jpg
キャベツ、病害虫に注意します


cabbage.jpg
紫キャベツも人気


キャベツは私たちの生活におなじみの野菜で、
冷涼な気候を好みますが、産地や品種を選ぶことにより、
春まき、夏まき、秋まきで育てられ、1年中収穫できます。


■初心者にオススメの品種と育て方のポイント

家庭菜園では、夏まきが育てやすくてオススメです。

夏まきは、文字通り7月〜8月の夏にタネをまき、
8月〜10月に定植し、10月以降に収穫する栽培方法です。
品種は、夏まき用の品種や、グリーンボールなどを選びます。

生長期が生育適温にあたるためグングン育ち、
寒くなる前に結球させるため、トウが立ちにくいこと、
害虫の被害が少ないことがポイントです。

ただし、キャベツが苦手な暑い時期に育苗するため、
苗の時期は病害虫に十分注意する必要があります。

タネは管理しやすいポリポットにまき、
スノコなどの上において風通しよく管理し、
寒冷紗などをかけて日差しと害虫から守ります。


■タネまきと育苗

夏まきの場合、7月〜8月にタネまきをします。
ちなみに春まきは3月〜5月、
秋まきは10月〜11月にタネをまきます。

ポリポットに5〜6粒タネをまき、
薄く覆土をして、たっぷりと水やりをします。

ぬらした新聞紙で表面を覆うと発芽しやすくなります。
3〜5日で発芽するので、発芽したら新聞紙は取り除きます。

間引きながら育苗し、本葉3〜4枚までに1本にします。


cabbagenae.jpg
キャベツの苗


■植え付け

キャベツは水はけがよく、保湿力のある
肥沃な土壌を好みます。

キャベツは連作障害があるため、アブラナ科の植物を
3年は栽培していない場所に植え付けます。

8月〜10月頃、本葉5〜6枚で植え付けます。

植え付けの2週間前までに、1u当たり苦土石灰を
一握り施して、よく混ぜ込みます。

1週間前になったら、元肥として、1u当たり
堆肥3kg、緩効性化成肥料2握りを施してよく耕し、
幅60cmの畝を作ります。

キャベツは葉が大きく広がるため株間40cmと
広めに植え付けますが、このとき、
あまり深植えにならないように注意します。


■追肥と土寄せ

植え付け後、2〜3週間たったら、
10日ごとに2〜3回追肥を施します。

1株あたり1つかみの化成肥料を株のまわりに施して、
土と肥料を軽く混ぜ、株元に土を寄せます。

秋植えで、越冬させる場合は、
苗が大きく育つと冬越えがしにくくなるため、
春になるまでは追肥はしません。
結球し始めたら、化成肥料を施してあげましょう。


■水やり

地植えの場合は基本的に水やりは必要ありませんが、
夏まきの場合、地域によってはまだ暑いうちに
植え付けることになるため、植え付け後3〜4日間は、
朝と夕方の1日2回、水やりをします。

植え付け直後はぐったりしていた株が、
上を向き始めたら根付いた証拠です。
いったん根付いたら、水やりは必要ありません。


cabbage (1).jpg
葉が巻き始めてから4週後が、収穫期です


■収穫

夏まきの場合、10月以降に収穫できます。
内側の葉が巻いて結球が始まってから約4週間後が
収穫の目安です。

外葉を押し下げて、結球の根元に包丁を差し込んで、
反対側に押して折り取るようにすると、楽に収穫できます。

採り遅れると、キャベツの球が割れてしまうので、注意します。

秋まきの場合は、翌年3月〜5月が収穫期ですが、
採り遅れるとトウが立つので、採り遅れないようにしましょう。


■病虫害

キャベツの病気予防の第一は、連作障害が出ないように、
輪作をきちんとすることです。

病気によっては抵抗性品種もあるので、
それを選んでも良いでしょう。
ただし、過信は禁物です。

また、肥料が多すぎると、べと病や黒斑病にかかりやすくなります。
薬剤や木酢液を散布して対処します。

害虫は、キャベツは、ネキリムシ、青虫、アブラムシ、コナガの幼虫、
ヨトウムシなどがよくつきます。

特に苗が小さいうちは被害も大きくなりがちなので、
本葉10枚になるまでは、葉の裏表をよく確認し、
見つけ次第捕殺しましょう。


■病害虫

病害は、それほどありません。

アブラムシ、キスジノミハムシが、
まれに発生するので薬剤などで予防します。

>>キャベツのタネを各種見てみる
 カテゴリ
 タグ