hakusai.jpg
ハクサイは9月中旬までにタネをまきます


9月に入ると、暑さも和らぎ、作業も楽になってきます。
家庭菜園では、冬野菜の植え付けなどが始まります。 


だんだん日も短くなり、寒冷地ではあっという間に寒くなってしまうため、
タネまき、育苗、定植と、なかなか忙しい時期でもあります。

タネまきや植え付けが遅れると、
冬が来る前に収穫できなくなることもあります。

植え付け日を決めたら、2週間前までに石灰を施したり、
1週間前になったら肥料を施したりと、
するべきことはたくさんあります。

しっかりと計画を立てて作業しましょう。


ninnniku.jpg
ニンニクを栽培してみませんか? 家庭菜園の生ニンニクは絶品です、
わかりやすい育て方は、こちらです
>>ニンニク栽培.com


■9月にタネをまく野菜

ハクサイ、ダイコン、レタス、秋まきキャベツ、タカナ、ミツバ、
ゴボウ、コカブニンジン、シュンギク、タマネギ、サラダナ、
ラッキョウ、ホウレンソウなどのタネをまく時期です。

ことに寒冷地では、遅くとも9月上旬には
タネまきを済ませておきましょう。

特にハクサイは、9月中旬くらいまでにタネをまかないと、
結球しにくくなってしまいます。


Strawberry.jpg
イチゴの苗をうまく育てて大収穫にしましょう


■9月の菜園作業

イチゴの苗を畑に定植する時期です。

9月は秋まきキャベツのタネをまく時期ですが、
夏まきキャベツの場合は、定植する時期です。
キャベツの生育適温になっているので、
ぐんぐん育ちます。

8月下旬にまいた秋まきダイコンは、
そろそろ土寄せをする時期です。

9月上旬にタネをまいたカブも、
9月下旬になったら土寄せをしましょう。
9月中旬頃にまいたものは、
10月上旬に土寄せをします。

9月はまた、ニラの株分けの適期です。
植え付けから3年もたつと、株が弱ってくるので、
株分けをして植え直してあげましょう。


akinasu.jpg
剪定と追肥がうまくいっていれば秋ナスがなってきます


■夏野菜の管理

トマトは、長雨や気温差でひびが入りやすので、
早めに収穫します。
よい実ができなくなってきたら、
片付けてしまいましょう。

ナスは、7月下旬〜8月上旬に枝を切り戻して
更新剪定を行っていたら、秋ナスが収穫できます。
秋ナスは、10月下旬まで収穫できます。

キュウリは、夏キュウリが9月いっぱい収穫できます。
株を疲れさせないよう、あまり大きくならないうちに
収穫するようにします。

ニガウリ、ピーマン、シシトウなどは、
下葉が枯れたら取り除きます。
枝が混んでいたら剪定し、追肥、中耕、
土寄せをしてあげれば、まだまだ収穫できます。

>>秋まき野菜を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ