kyuri08.jpg
キュウリは、元気にたくさん実がなるシーズンと気難しいシーズンがありますね


キュウリを植えても、毎年完璧には出来ないです。
何か栄養が悪く、病気にかかったようになります。
キュウリはどんな病気にかかりやすいのでしょうか?

■キュウリ かかりやすい病気は?

・つる割れ病
連作をすると起こりやすい病気です。
茎に暗緑色の病斑ができ、赤褐色のヤニが出てきます。

病気が進むとつるや茎が茶色くなって割れてきます。
接ぎ木の苗を購入すると、予防しやすくなります。

・べと病
高温多湿の環境で発生しやすくなります。
葉脈に囲まれた角型で黄緑色の病斑ができます。
病斑の表面にすす状のカビが発生することがあります。

病気が広がっていないときは病気になった葉を取り除きます。
病気が広がってしまったら、薬剤を散布します。

・炭そ病
雨の多い時期に発生しやすくなります。
茎や葉、果実に丸く茶色い病斑ができます。
マルチを敷くなどしてどろはねを防ぎます。

病気になった部分を取り除き、処分します。
とくに、巻きひげは病気を広げるので取り除きます。
拡がるようであれば、早めに薬剤を散布します。

・黒点病
葉や茎、果実に茶色い小さな病斑ができます。
低温多湿で発生しやすくなります。

病気を見つけたら、早めに病気になった部分を取り除いて処分します。
病気が株全体に広がっていたら、株を抜き取って処分します。


kyuri.jpg
ベランダでは、ピクルス用キュウリを育てます


・つる枯れ病
茎に黄褐色や灰褐色の病変ができ、表面に黒い斑点ができます。
株が枯れてしまう可能性がある病気です。

夏に病気が発生しやすくなります。
連作を避け、つるの風通しを良くしておきます。

・疫病
葉に発生すると大きな白い病斑を作ります。
果実に発生すると、実の中央に白いカビのようなものができます。

拡がると、株全体が枯れて元気がなくなってしまいます。
水はけが悪い場所や、連作で発生しやすい病気です。

土壌の水はけを良くし、連作を避け、
病気に強い接ぎ木の苗を購入することで防ぎます。

・斑点病
生育期のどの期間でも発生する病気です。
葉や果実に暗褐色のくぼんだ病変ができます。

病気にかかっていない健全な苗を購入し、
株元にマルチを敷くと予防しやすくなります。

・うどんこ病
葉や茎に白い粉をふいたような丸い病変が発生します。
早めに病気にかかった葉を取り除き、
ひどくなりそうであれば薬剤を散布します。

・菌核病
果実や葉、茎に発生します。
幼果に発生しやすく、果実全体が菌糸におおわれ、
ネズミのふんのような丸い塊ができます。

連作で発生しやすい病気です。
土壌を殺菌するか、連作を避け、
接ぎ木の苗を購入することで発生を防ぎます。

・灰色かび病
果実や葉に発生する病気です。
発生すると、果実や葉が灰色のカビに覆われたようになります。
株の風通しを良くし、マルチを敷くと予防しやすくなります。

・モザイク病
葉にモザイクのような斑点ができ、ひどくなると株が枯れてしまいます。
アブラムシが被害をもたらし、広げます。
雑草が茂らないようにし、アブラムシの飛来を予防します。


kyuri.jpg
立派なキュウリがなりますように


・斑点細菌病
葉に斑点のような小さな穴が開きます。
病気になった先の部分は縮れて枯れてしまいます。

株についた結露が原因で起こります。
株の風通しを良くすることで防ぎやすくなります。

■参考
・キュウリの育て方|整枝しつつ収穫量を大幅アップ!
・キュウリのプランター栽培|上手に仕立て風通しよく
・キュウリ 曲がる原因は?
 カテゴリ
 タグ