家庭菜園 簡単野菜栽培で大収穫!

家庭菜園 簡単野菜栽培で大収穫! 野菜の育て方から管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介します。おいしい野菜を栽培しましょう!



記事一覧

コメの育て方|ブルーシートで菜園の一角を水田に!

2020-01-16
実りのようすコメ(米)は田んぼでなければつくれないと、思ってはいませんか?実は、菜園でもコメは作れます。日本人の主食のコメ、自分で作ってみませんか?■コメ栽培…

記事を読む

家庭菜園 土づくり

2020-01-06 家庭菜園 Q&A
田起こしのようす家庭菜園において、土作りがとても重要であることは言うまでもありません。土が悪いと野菜の生育も悪くなりますし、病気にもかかりやすくなってしまいま…

記事を読む

ニラが細い理由は?

2019-12-29 葉茎菜類
まだ若いニラ江戸時代は薬草として知られていたニラ。ビタミンやカルシウムを豊富に含み、免疫力を高める働きのあるニラは、薬草として栽培されていました。現在は野菜の…

記事を読む

コメの育て方|ブルーシートで菜園の一角を水田に!

  •  投稿日:2020-01-16
  •  カテゴリ:
kome (3).jpg
実りのようす


コメ(米)は田んぼでなければつくれないと、
思ってはいませんか?

実は、菜園でもコメは作れます。
日本人の主食のコメ、自分で作ってみませんか?


■コメ栽培のポイント

1.庭に”タンボ”を作ります
2.土作りに1ヵ月かけます
3.株が倒れたら、すぐに収穫します 


コメには、白米の他に黒米、赤米などがあり、
それぞれにウルチ米とモチ米があります。

黒米や赤米は少ない肥料でもよく育ち、
病害虫に強い性質があります。

黒米も赤米も、果皮や種皮に色素があり、
中は白色なので、完全に精米すると白色に
なってしまいます。

そのため、玄米のままか、軽く精米して白米に混ぜて
食べるとよいでしょう。


kome (1).jpg
植え付け後の生長


■栽培管理

一般的なコメ作りは、十分に暖かくなった4〜5月に
苗を植え付け、9月ごろ収穫しますが、
それよりは少し遅い5〜6月に植え付けし、
10月頃に収穫すると育てやすいでしょう。

・田んぼの準備
まずは庭に田んぼを作ります。

田んぼを作る区画を決め、深さ50pほどのところまで土を掘ります。
区画の周囲をレンガで囲みます。

掘った穴全体が覆われるように、作業用ブルーシートなどの
水を通さないシートを張って、水を溜められるようにします。
レンガの隙間から水が流れ出ないよう、レンガ分の高さまで
覆うようにします。

掘り上げた土と完熟牛ふん堆肥を同量の割合で混ぜ、
そこに油かすを、袋の表示量加えてよく混ぜます。
そのまま1ヵ月ほど放置して、よくなじませます。

1ヵ月たったら、準備した用土を、元の地面の高さまで
埋め戻します。

水の深さが5p程度になるよう、たっぷりと水を張ります。

・タネまきと育苗
コメのタネは、”タネモミ”と呼ばれ、もみ殻を取り除かずに
保存したものです。
タネモミからもみ殻を取り除くと、玄米になります。

タネまき適期は、3月下旬〜4月下旬です。
深さ3〜4cmの育苗箱の底全体に新聞紙をひき、
縁から1cmほど下まで、培養土を入れ、表面を平らにならします。

水をかけて土の表面を十分に湿らせたら、
育苗箱全体にタネモミをまきます。
コメは発芽率が悪いため、かなり厚まきにします。

覆土は厚めにし、たっぷりと水やりをします。
日当りのよい場所で、3〜4週間育苗します。
近くに稲作農家がある方は、分けてもらってもよいでしょう。

・植え付け
4月〜6月、暖かくなってきたら植え付けます。
このとき、苗は本葉3枚程度が適した大きさです。

株間15cm、列の間隔は30cm程度を目安とし、
1ヶ所当たり2〜3本ずつ束にまとめて植えていきます。
苗が浮き上がってこないよう、しっかりと土に挿し込みます。

・水やり
栽培中は、土が乾燥しないよう、こまめに水を張って管理します。
夏の高温期は水が腐りやすいので注意します。

8月頃、出穂(しゅっすい、穂が出ること)します。
出穂から1ヶ月ほどたち、穂が黄色く色づき始めたら、
レンガを一部はずして水を抜き、土を乾燥させます。


■収穫

9月〜10月、穂が垂れて、付け根の部分が黄色くなったら
収穫できます。

カマで株元から刈り取り、数株ずつまとめてワラなどで束ね、
日当りのよい場所にかけ、1〜2週間乾燥させます。


genmai.jpg
玄米


◎玄米の作り方
乾燥させた稲は、穂からモミをはずす”脱穀”をします。
手作業で行う場合は、手で揉んだり、ザルなどの目にこすりつけたり、
シートの上で棒などでたたいたりします。


momigara.jpg
モミガラ


その後、すり鉢とすりこ木でもみ殻を取り除く”モミすり”をします。
力を入れすぎると米が割れてしまうので注意します。
ある程度すれたら、息をかけてもみ殻を吹き飛ばし、選別します。

ここまでの作業で玄米が得られます。


hakumai.jpg
白米


◎白米の作り方
白米にするには、”精米”をする必要があります。
空き瓶などに玄米を入れ、棒などで突くと精米できますが、
毎日2〜3時間ずつ行っても、白米にするのに約1ヶ月ほどかかります。

ある程度量がまとまっているのなら、精米機にかけるとよいでしょう。


■病害虫

イネの主な病気には、イモチ病、モンガレ病などがあります。
イモチ病やモンガレ病はカビの一種が原因です。

害虫には、イネハモグリバエ、イネゾウムシ、ツマグロヨコバイ
などがいます。

>>稲苗、田んぼセットを見てみる

家庭菜園 土づくり

taokosi.jpg
田起こしのようす


家庭菜園において、土作りがとても重要であることは
言うまでもありません。

土が悪いと野菜の生育も悪くなりますし、
病気にもかかりやすくなってしまいます。

家庭菜園の空いているスペースの土を良い状態にする方法をご紹介! 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ニラが細い理由は?

nira (2).jpg
まだ若いニラ


江戸時代は薬草として知られていたニラ。
ビタミンやカルシウムを豊富に含み、
免疫力を高める働きのあるニラは、
薬草として栽培されていました。

現在は野菜の仲間として親しまれています。

野菜の仲間となったのは戦後だとか。
お味噌汁の具にしたり、ニラ玉、
そして餃子の具にはかかせない食材です。

しかし、栽培して数年経つと、葉が細くなってきます。
この葉が細くなる理由をご紹介します。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ



管理人=片岡静

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

  • SEOブログパーツ

seo great banner

  • SEOツール

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
FC2 Blog Ranking
ブログランキング
@With 人気Webランキング 旅行・地域ランキング
PVランキング
0574 Web Site Ranking